#サクランボ盆栽の針金外し

今回は、サクランボ盆栽の針金外し作業の様子をレポートします。

 

今年の3月に針金を掛けていた

針金掛けを行ったのは今年の3月末です。

2022年3月28日。
サクランボ針金成形

【サクラの針金成形メモ】
花後に行う
枝が太くなると針金が効かなくなるので、1年でも若いうちに

このような事項を読んで、若いうちに、と針金掛けをしたのです。
記事:サクランボ盆栽の針金成形

確かにまだ枝が細くて、曲げやすかった印象があります。
サクランボ針金成形

 

来年開花したら良いなあ

そして、こちらが現在のサクランボ盆栽です。

2022年10月13日 現在。
サクランボ盆栽
針金をかけて半年ほど経ちました。

新芽が沢山付いているので、もしかして来年、初めての開花が見られるのでは?と期待しています。

このサクランボは去年の冬に買ったばかり。
開花が待ち遠しくて仕方ないのです。

サクランボでお花見って可愛くないですか?
ワクワクします。

▼去年の記事
サクランボ盆栽を購入しました

 

針金外し作業

様子を見たいので、針金を外してゆきます。

枝が少ないから、簡単そう。
サクランボ盆栽
糸魚川真柏やレンギョウと違い、枝がまだ少ないので、針金を外す作業も易しそうです。
でも、芽を傷つけないように、細心の注意を払わねばなりません。

まだ枝もめちゃくちゃ細い。
サクランボ盆栽
まだまだ枝が細いです。
ロウソクのようなシルエットの新芽がキュート。

真上からの図。
サクランボ盆栽
形づいてそうです。
風で煽られているような形をイメージしています。

 

針金外し終わりました

針金、全ての枝から無事に外し終わりました。

いかがでしょう。
サクランボ盆栽
まだ初めての針金成形ですが、左から風が吹いているような感じ・・くらいまでは形づいたと思います。
初心者らしい仕上がりではありますが、私は気に入りました。

また時期を伺いながら、追加で針金を掛けてみようかなと思います。

この天目釉の鉢、すごく気に入っているのです。
DSC01990-オレンジ
鉢もサクランボと併せて、昨年購入しました。
記事:天目釉の盆栽鉢

天目釉の鉢、もっと集めたいな〜と思っているのです。

渋谷 菜々子

横浜市出身ジャズミュージシャン
中学よりアルトサックスを始め、高校入学後サックス奏者 岡淳氏に師事する。昭和音楽大学ジャズコースに入学、大学にてサックス奏者 近藤和彦氏に師事し、ジャズ演奏法やジャズ理論を学ぶ。同時期にジャズフルートを始める。
卒業後はライブ演奏活動の他、ウェブサイト「ジャズアドリブの仕方」を運営、「ジャズアドリブセミナー」や「ジャズアドリブレッスン」などを精力的に行なっている。 
現在、渋谷菜々子ジャズトリオCD「Gratitude」、著書「ジャズアドリブフレーズ集」を販売中。
2018年11月2日〜上野の小品盆栽秋雅展で購入した「ヤマモミジ」の盆栽を始める。

投稿者記事

  1. READ MORE

    #盆栽の色彩は感受性を変えてくれる

    2022-12-04

  2. READ MORE

    #消えた福寿草盆栽

    2022-11-27

  3. READ MORE

    #紅葉をお届けします

    2022-11-20

  4. READ MORE

    #ヒメリンゴ盆栽のリンゴ食べてみた

    2022-11-13

関連記事

  1. READ MORE

    #ヤマモミジのコケ移植作業とケヤキの芽摘み

  2. READ MORE

    #クロマツ盆栽の植え替え

  3. READ MORE

    アジサイにそっくりなランタナ盆栽

  4. READ MORE

    #クロマツ盆栽の葉が長い

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!