#天目釉の鉢とサクランボ盆栽

盆栽の素材として、先日サクランボを購入しました。
前回に引き続き、新しく手に入れた素材についてのコラムです。

前回の記事:イチョウ盆栽を始めました

 

なにかを植え込みたい

「新しい素材の植え込みをやりたいなあ」という考えがキッカケで、秋に植え替えのサクラを仕入れることに決めました。

最初は “富士桜” が可愛いなあ・・と目星をつけていましたが、実もついた方が楽しそうだと思い立ち、サクランボを購入しました。

それに “サクランボの盆栽” って響きも可愛らしいですよね。「サクランボの盆栽やってるんですよ〜。」って言えたらきっと可愛い。

植え込みをするなら鉢も一緒に

今月植え込みしたいので、鉢も買うことに。(※果樹として育てる場合、サクランボの植え替え時期は12月〜3月だそうですね。)

サクランボを買うのと同じお店で、鉢も探しました。始めは “白” とか “ピンク” とか、サクランボの可愛さをイメージした鉢を見繕っていたのですが・・

一目惚れして、この鉢に決めました。
DSC01990-オレンジ
“天目釉” の盆栽鉢なんです。

光の当たり具合によって、全然違う色に見えて本当に素敵。
DSC01991-ホワイト

鉄を多く含む釉薬だそうです。
DSC01987-天目

格好良い。
渋い。
可愛さよりも、こちらを選びたい。

DSC01992-ブルー

写真を撮るのがとても楽しく、一気に “天目釉” とやらの虜です。
天目釉のぐい呑みやタンブラーなんかも集めたくなりました。

 

素材と鉢が揃いました

我が家にサクランボが届きまして、開封の儀。
DSC01982-ダンボール

じゃじゃん。
DSC01983-サクランボのみ
枝ぶりが良い感じ。
思ったよりスラリと背が高い。
3号の鉢を買ったのですが、大丈夫そうかな。

鉢と並べると、こんな感じ。
DSC01986-サクランボと鉢
うんうん、格好良い鉢とも相性良さそう。
良い選択をしました。


購入してから色々調べてみたら「サクランボ栽培は難しい」と書いてあるサイトが多く、すこしビビり始めました。
でも、食べる実を育てるわけではないので大丈夫かな!

渋谷 菜々子

横浜市出身ジャズミュージシャン
中学よりアルトサックスを始め、高校入学後サックス奏者 岡淳氏に師事する。昭和音楽大学ジャズコースに入学、大学にてサックス奏者 近藤和彦氏に師事し、ジャズ演奏法やジャズ理論を学ぶ。同時期にジャズフルートを始める。
卒業後はライブ演奏活動の他、ウェブサイト「ジャズアドリブの仕方」を運営、「ジャズアドリブセミナー」や「ジャズアドリブレッスン」などを精力的に行なっている。 
現在、渋谷菜々子ジャズトリオCD「Gratitude」、著書「ジャズアドリブフレーズ集」を販売中。
2018年11月2日〜上野の小品盆栽秋雅展で購入した「ヤマモミジ」の盆栽を始める。

投稿者記事

  1. READ MORE

    #初めての真柏盆栽

    2021-11-21

  2. READ MORE

    #福寿草盆栽の植え替え

    2021-11-14

  3. READ MORE

    #ヒメリンゴ盆栽の実をラム酒漬け

    2021-11-07

  4. READ MORE

    #たわわに実ったヒメリンゴ盆栽とカイドウの植え替え

    2021-11-03

関連記事

  1. READ MORE

    #兼進刃物で「忌み枝」の剪定に挑戦

  2. READ MORE

    #たわわに実ったヒメリンゴ盆栽とカイドウの植え替え

  3. READ MORE

    #My盆栽を5時間かけてスケッチしてみた(その2)

  4. READ MORE

    #満開のヒメリンゴ盆栽に人工授粉

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!