#イチョウ盆栽を始めます

新しい盆栽の素材に、イチョウを手に入れました。

 

背景のプリントが面白い

「新しい盆栽棚もできたことだし、またなにか始めるか!」ということで、イチョウを買ってみました。
記事:盆栽棚の補強・塗装・設置

街路樹ではお馴染みのイチョウを、自分が育てるってなんだか不思議な気持ちになります。

イチョウを購入。
イチョウ盆栽
このシリーズ、ちょっと変わっていて “風景” と “障子の窓” がプリントされた背景紙がついているんです。

背景紙の裏の説明を読むと「手の平サイズの日本庭園」というコンセプトなんだそう。
なるほどねえ。
面白いなあ。

軽石みたいなのも付属されています。
軽石
苔も素晴らしく綺麗。
何度も撫でちゃいました。

 

イチョウ盆栽 今後のスケジュール

イチョウ盆栽の「今後のスケジュール」を見てみると・・

今月10月 置き肥

11月 黄葉

12月 落葉

2022年2月〜 剪定

3・4月 植え替え

4・5月 芽摘み・置き肥

5月 針金成形

6・7月 剪定

といった運びだそうです。

そうか、いまはプラスチックの鉢に入っているけれど、植え替えするにはまだ早い。
来年の春まで待たねばならないのですね。
はやく盆栽鉢に植え替えてみたいなあ。

ズーム無しで、近づいて撮影してみました。
画がグニャリと歪んで楽しい。
イチョウ盆栽

いまのところ、できる作業は “置き肥” くらいということなので、まずはこれから始まる黄葉を楽しみたいと思います。

 

イチョウの性別は謎に包まれている

イチョウは雌雄異株(シユウイシュ)ということを、私は初めて知りました。
全てのイチョウにギンナンが付くものだと思っていたけれど、そうではないのですね。
知らなかったなあ。

私の木は雌雄どちらでしょう。

“イチョウの雌雄は葉の見た目で分かる” とか俗説はあるようですが、実際には花の形や、実ができるのか?などを確認するまで「性別は分からない」のだそうです。

受粉作業もいらず、遠くから飛んできた花粉で実ができてしまうんだとか。
不思議な木だなあ。

雌雄どちらなのか、いまは未だ分からず。
DSC01942-よこ

渋谷 菜々子

横浜市出身ジャズミュージシャン
中学よりアルトサックスを始め、高校入学後サックス奏者 岡淳氏に師事する。昭和音楽大学ジャズコースに入学、大学にてサックス奏者 近藤和彦氏に師事し、ジャズ演奏法やジャズ理論を学ぶ。同時期にジャズフルートを始める。
卒業後はライブ演奏活動の他、ウェブサイト「ジャズアドリブの仕方」を運営、「ジャズアドリブセミナー」や「ジャズアドリブレッスン」などを精力的に行なっている。 
現在、渋谷菜々子ジャズトリオCD「Gratitude」、著書「ジャズアドリブフレーズ集」を販売中。
2018年11月2日〜上野の小品盆栽秋雅展で購入した「ヤマモミジ」の盆栽を始める。

投稿者記事

  1. READ MORE

    #天目釉の鉢とサクランボ盆栽

    2021-10-16

  2. READ MORE

    #キャラメルで松盆栽を作りました

    2021-10-02

  3. READ MORE

    #クロマツ盆栽の針金外し

    2021-09-24

  4. READ MORE

    #新しい盆栽棚の補強・塗装・設置

    2021-09-17

関連記事

  1. READ MORE

    #造園家・大野八生さんの「盆栽えほん」

  2. READ MORE

    小さな庭にもちょこんと飾れる「豆盆栽」の作り方・育て方

  3. READ MORE

    #兼進刃物の剪定鋏をいただく

  4. READ MORE

    #ボケ盆栽、復活か

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!