盆栽の冬越しの注意点

日本は寒さの厳しい地域以外は基本的に温帯なので、冬になる時期は盆栽を守ってあげる必要があります。
単純に冬の期間は家で盆栽を育てる、というわけではなくて外に置いていても乾燥や風の冷たさなどから盆栽を保護してあげなくてはいけません。
怠ると、いわゆる寒害が発生してしまうため、ここでは冬越しに必要な準備をまとめてみました。

冬盆栽

 

寒害とは何か

冬越しの準備をしないと、盆栽がそのまま冷たく乾燥した風によって枝が枯れてしまったり、雪が降った時に枝が折れてしまうという被害のことを寒害(かんがい)と呼びます。
寒さに弱い木だけに引き起こされるものではなくて、比較的寒さに強い松柏類でもきちんと対策をしなくては葉が痛み、枝が弱くなって枯れてしまうのです。

また、寒害は冬越しの準備を行わなかったほかにも発生する原因があります。
多いのが、寒さ対策だと思って夜は室内に持ち込み、昼間は外に出していたというような場合です。
寒いところにいるのはよくないのでは?と思うかもしれませんが、寒さに弱い木でもきちんと冬越えの対策を行なっていれば外でも問題なく冬を越すことができます。
逆に寒いところに置いていてはかわいそう、と寒さが増す時間帯は室内に置き、日中は外に置くといったことをしても結果的に寒害対策をしているとはいえず、室内で過保護に育てた結果、木が軟弱になってしまってダメになるのです。
木を守りたい、という気持ちはわかりますが、元々自然界に存在しているものなので、部屋に置いておけば良いという考えは避けましょう。

 

盆栽の冬越しの方法

きちんと寒害対策を行えば、どんな盆栽でもしっかりと冬を越すことができます。
盆栽を冬に管理する場合は、ムロを用意してください。
ムロ、というのは冬の乾燥や冷たい風、雪などから盆栽を守るビニールハウスのような存在です。
北海道や東北などの寒冷地以外であれば、ムロの保温機能はほぼ必要なく、日中に蓋を開けておき、夕方くらいになったら蓋を閉めるという管理をするだけなので、非常に簡単に管理ができます。

ムロは発泡スチロールや収納ケースを使用するだけでOKです。
その中に盆栽を並べて、温度管理をします。
盆栽をたくさん育てている人は、ムロも大きなものになるかもしれませんが、ムロに入れておけば重ねて置くことも可能なので、工夫してみてください。

Image Credit:https://amazon.co.jp

 

冬越しの注意点

冬の間、単純にムロに入れておけば大丈夫というわけではなくて、きちんとムロに入れる時に準備をすることがあります。

  • 掃除
  • 害虫対策
  • 寒さを経験させる

まず、日頃から行なっているとは思いますが、ムロに入れる前に一度盆栽を掃除しましょう。
特に幹元は汚れや苔がつきやすい場所なので、丁寧に掃除してください。
ムロの中は保温性に優れていて、病害虫も快適に感じる場所なので、清潔にしておくことは必須です。
そして、害虫対策も必ずします。
害虫対策を行わないと、冬の期間虫が潜伏して暖かくなると一気に被害が出てきてしまうので、殺虫剤を使用して対策しなければなりません。
害虫対策は、ムロに入れる時だけではなくてその後も1ヶ月に1回は害虫対策を行なっておくと、すんなりと春を迎えることができます。

寒さを経験させる、という意味は全く冷気に当てないまま、ムロで管理をすると木が誤って成長を続けて芽を出したりと成長のバランスが崩れてしまうのです。
そのため、3回程度霜に当てて「冬になるよ」と教えてあげなくてはいけません。
冬だと木が理解すると越冬の準備を自然とするので、大事な準備です。

 

盆栽の冬越しを始めるタイミング

盆栽をムロに入れるタイミングですが、地域によってばらつきがあります。
大体、日中の気温が5度以下になる日が1週間続くなどした頃がタイミングだと考えられていて、関東なら大体12月中旬、寒冷地では11月中旬頃です。
もしも、タイミングがいまいちわからないという時は、朝盆栽や庭を確認したときに霜が降りるようになったら「そろそろかな?」と思いましょう。
木に寒さを教えて、冬の訪れを報告する必要があるので、1回霜が降りたからと言って慌ててムロ入れする必要はありません。
かといって、あまりにものんびりと待っていてもタイミングを見誤ってしまうので、寒いなと感じ始めた頃から気温と霜のチェックをして的確なムロ入れを行なってください。

逆にムロ出しのタイミングも難しく、あまりにも早く出してしまうと寒害に遭う可能性があるので、目安としては3月中旬頃から徐々に外気に慣らし始めて、寒さを感じる夜は防風ネットなどで保護しましょう。
完全にムロから出すのは大体4月下旬辺りという場合が多いです。
寒冷地の場合は、この目安よりも1ヶ月くらい後倒しだと思ってください。

 

管理さえしっかりしていれば盆栽も冬を越せる

盆栽の冬越しは、きちんと対応することができればどんな木でも十分に冬を越すことができます。
盆栽を育てている人なら皆思うことですが、愛着のあるものなのできちんと管理をしてあげましょう。
寒害も怖いですが、部屋の中で暖かい環境に置いておくことも実際は盆栽にとって良いことともいえないので、基本的にはムロで管理することが好ましいです。

miku

ライター/丁寧な記事作成を意識しています。盆栽はまだまだ勉強中。皆さんと成長していきたいです。

投稿者記事

  1. READ MORE

    盆栽用土の選び方

    2020-11-27

  2. READ MORE

    盆栽と盆景の違いは?盆景の魅力について

    2020-11-05

  3. READ MORE

    盆栽に使用するオススメの苔(コケ)

    2020-10-29

  4. READ MORE

    盆栽の輸出は難しい? BONSAIは世界に広がっている!

    2020-10-27

関連記事

  1. READ MORE

    盆栽の太い幹作りの方法

  2. READ MORE

    盆栽と盆景の違いは?盆景の魅力について

  3. READ MORE

    「盆栽用土」の種類・特徴など

  4. READ MORE

    盆栽用土の選び方

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!