#ボケの盆栽鉢・購入レポート

ボケは9〜10月が植え替えの季節。
ちょうどよい時期なので新しい鉢を探してみることにしました。

 

新しい盆栽鉢探し

じつは、8月にも新しいケヤキ用の鉢を購入しています。
→記事:盆栽の鉢を購入しました
ただしケヤキの植え替え時期は3月なので、いまは未だスタンバイ中です。

ケヤキを植える予定の信楽焼の鉢。
DSC00192-鉢-3
サイズが合えば、この鉢をボケにまわしちゃおうかなと思ったのですが、この鉢の大きさは5号
深さなども含めて若干ボケには小さいようでしたので断念。
ということは、「6号の鉢ならばサイズ的にちょうど良さそう」ということが分かりました。

 

新しい盆栽鉢が自宅に届く

ボケの盆栽は可愛らしい印象にしたかったので、
「木瓜鉢も形が可愛いし、ツボのような形の鉢もボケの花に合いそうだなあ。」
といろいろ迷いましたが、小判形に心を決めました。

ネット通販で注文し、次の日には鉢が到着。
ワクワクドキドキ、開封の瞬間です。

鉢、開封。
DSC00370-鉢箱

じゃじゃん。いかがでしょうか?エン付きなのがお気に入りです。
DSC00371-鉢全体2

購入した鉢の特徴

■小判エン付き
■瀬戸焼
■織部釉
■緑色
■6号(幅17.5×奥行14.5×高さ6.5センチ)
■1リットルほどの土が入る

つづいて、商品説明にはこのように書かれていました。

【瀬戸焼】
瀬戸焼は、千年以上の歴史と伝統を有する日本を代表するやきものの一つです。中世において唯一、釉薬を施した製品が焼かれたという先進性を誇ります。鉢や食器などをはじめとする瀬戸焼のやきものづくりは、時代を超え多くの人々を魅了し続けています。

-うめきち盆栽用品店 商品説明より引用-

瀬戸焼には長い歴史があるのですね。

 

私はこの色に惹かれるらしい

「渋いんだけど可愛らしくて良い色だなあ。」と届いた鉢に見惚れていると、ふとヤマモミジの鉢の色と似ているではないかということに気づきました。

ヤマモミジの鉢も似たような色。
DSC00271-ヤマモミジ3

結局わたしはこういった色合いがとても好きなのかもしれません。

グリーンの鉢にピンク色のボケの花、綺麗に映えそうですよね。
DSC00373-鉢植え替え

 

近日公開、ボケのお引越し

新しい鉢が無事に見つかったので、近日中にボケの植え替えの様子をレポートします。
またお読みいただけましたら嬉しいです。

渋谷 菜々子

渋谷 菜々子

横浜市出身ジャズミュージシャン
中学よりアルトサックスを始め、高校入学後サックス奏者 岡淳氏に師事する。昭和音楽大学ジャズコースに入学、大学にてサックス奏者 近藤和彦氏に師事し、ジャズ演奏法やジャズ理論を学ぶ。同時期にジャズフルートを始める。
卒業後はライブ演奏活動の他、ウェブサイト「ジャズアドリブの仕方」を運営、「ジャズアドリブセミナー」や「ジャズアドリブレッスン」などを精力的に行なっている。 
現在、渋谷菜々子ジャズトリオCD「Gratitude」、著書「ジャズアドリブフレーズ集」を販売中。
2018年11月2日〜上野の小品盆栽秋雅展で購入した「ヤマモミジ」の盆栽を始める。

投稿者記事

  1. READ MORE

    #ボケ盆栽、復活か

    2020-10-10

  2. READ MORE

    #ボケと、ケヤキとヤマモミジと。

    2020-09-27

  3. READ MORE

    #悲報・届いたばかりのボケが・・

    2020-09-21

  4. READ MORE

    #兼進刃物の剪定鋏をいただく

    2020-09-17

関連記事

  1. READ MORE

    盆栽の歴史その三「平成から令和まで」

  2. READ MORE

    盆栽の歴史その一「盆栽の起源から」

  3. READ MORE

    #My盆栽を5時間かけてスケッチしてみた(その2)

  4. READ MORE

    #25歳、盆栽の植え込みに初挑戦

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!