#ヒメリンゴの実の途中経過

ヒメリンゴの実、可愛く色づいてきました。

 

経過写真

ここまでの経過写真を振り返りながら、リンゴの実のグラデーションを感じてみたいと思います。

まずは6月の果実。
ヒメリンゴ盆栽
青々とした爽やかな色です。
このフレッシュな色、たまりませんよね。

そして7月の果実。
ヒメリンゴ盆栽
少し色づき始めました。
初夏らしい色ですね。
記事:ヒメリンゴ盆栽の実2023

そしてお次は真夏の果実・・とゆきたいところだったのですが、真夏の実は撮影しておりませんでした。
サザンならず。

最後に、9月の果実。
ヒメリンゴ盆栽の実

斜め上から見下ろすと、こんな感じです。
ヒメリンゴ盆栽の実
非常にちょうど良いバランスで実がついているのが高ポイント。

あまりに実が多いと、盆栽としてアンバランスですもんね。
最初の年は実が多すぎて、ちょっと怖いくらいの印象でした。

今年は本当にちょうど良い、実の付き方。
ヒメリンゴ盆栽の実

 

実の成る豊かな時間

実が成って、縁起が良い。
ヒメリンゴ盆栽の実

さらにアップで。
ヒメリンゴ盆栽の実
水をやったときの、水道水のカルシウムが付いていますね。

ヒメリンゴ盆栽の実は、これまでに2度食べたことがあります。
味を知っているので、写真を見るだけで口の中に酸っぱさを感じ「キュッ」となります。

反対側からも。
ヒメリンゴ盆栽の実
もう少し赤くなったら収穫しましょう。

こうして実が成るのを目にすると、豊かな気持ちになりますね。

豊かな時間。
ヒメリンゴ盆栽の実
真上から見ると、葉の配置まで美しく、今年はバランスが良い年になりそうです。
なんだか幸先が良いな。

 

枯れている枝を

枯れている枝がいくつかあるので、切り詰めてスッキリさせたいと思います。

この謎の角度をした枝、枯れてます。
ヒメリンゴ盆栽の実

切り詰める。
ヒメリンゴ盆栽の実

まだいくつか枯れている枝がございます。
続きましては・・。

幹から出ているこの枝、切り詰めます。
ヒメリンゴ盆栽の実

さらにもう1つ、枯れている枝がありました。
ヒメリンゴ盆栽の実
この枝は、枝の根本に芽が出ていたので、途中から切り詰めることに。

傷口にお薬を塗って、作業完了です。
ヒメリンゴ盆栽の実

3ヶ所にお薬、塗りました。
ヒメリンゴ盆栽の実

今年の実はどうやって食べようか、悩んでしまいます。
今年はジャムやプチケーキのようなスイーツにしてみようかしら。

渋谷 菜々子

横浜市出身ジャズミュージシャン
中学よりアルトサックスを始め、高校入学後サックス奏者 岡淳氏に師事する。昭和音楽大学ジャズコースに入学、大学にてサックス奏者 近藤和彦氏に師事し、ジャズ演奏法やジャズ理論を学ぶ。同時期にジャズフルートを始める。
卒業後はライブ演奏活動の他、ウェブサイト「ジャズアドリブの仕方」を運営、「ジャズアドリブセミナー」や「ジャズアドリブレッスン」などを精力的に行なっている。 
現在、渋谷菜々子ジャズトリオCD「Gratitude」、著書「ジャズアドリブフレーズ集」を販売中。
2018年11月2日〜上野の小品盆栽秋雅展で購入した「ヤマモミジ」の盆栽を始める。

投稿者記事

  1. READ MORE

    #サクランボ盆栽の植え替え

    2023-09-30

  2. READ MORE

    #赤石五葉松盆栽を贈ってもらいました

    2023-09-18

  3. READ MORE

    #ゴールドクレスト盆栽あれから

    2023-09-10

  4. READ MORE

    #サクランボを針金成形中に折ってしまった

    2023-09-03

関連記事

  1. READ MORE

    #ゴールドクレスト盆栽に枯れの兆候

  2. READ MORE

    #クロマツ盆栽の二番芽

  3. READ MORE

    #25歳、盆栽の植え込みに初挑戦

  4. READ MORE

    #春の剪定まつり

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!