#ヒメリンゴ盆栽の実2023

今年もヒメリンゴの実が成りました。

 

期待していなかったけれど・・

ヒメリンゴ、3月末に人工授粉を行いました。
記事:ヒメリンゴ盆栽の人工授粉

ヒメリンゴ人工授粉

カイドウの開花の方が早かったので、ギャッツビーの空き容器に貯めておいた花粉で受粉したのですよね。

なので、こちらの記事に「あまり沢山の実は期待していませんが、幾つかはなるといいなあ」と書いていたのですが・・。

2023年6月19日
ヒメリンゴ盆栽
なんと10個の実が成りました!!

最初の年は16個の実が成ったので、たしかにその時よりは少ないけれど、上出来!!
普段文章に感嘆符を付けない私ですが、やはり実が出来るとテンション上がってしまいます。
記事:2021年のヒメリンゴ盆栽の実

 

今年のヒメリンゴで何を作るべきか

6月19日の実はこのような色合いでした。
ヒメリンゴ盆栽
青々と瑞々しい果実。

光をパーンと弾き返す張り。
ヒメリンゴ盆栽
綺麗ですねえ。

今回のヒメリンゴは何に使おうかしら、と今から楽しみです。
ラム酒漬けは良いんだけれど、飲むまでに時間が掛かってしまうし・・うーん。

ヒメリンゴで作ることのできる料理、調べてみると・・ジャムやコンポート、リンゴパイやリンゴ飴など、結構よりどりみどり。

タルトタタンを作っている強者もいらっしゃいました!
「量が足りないのでは・・?」と思ったのですが、最後の飾り付けに、てっぺんにトッピングしているようでした。
なるほど、確かに普通のりんごより格段に小さいので、ミニチュア感が可愛い。

料理の世界でも、植物の世界でも、ミニチュアになるとなんでも可愛くなってしまう不思議。
人ってミニチュアが好きですよね。

 

ほんのり色づきました

撮影を行った7月後半のこの日。
ヒメリンゴの実がほんのりと色づいていました。

2023年7月20日
ヒメリンゴ盆栽
ほんのりと赤く、照れたような表情です。

葉もピンとしていて、すこぶる元気ですね。
今年は猛暑が始まるのが早いですが、今のところ盆栽は全て順調そうです。

可愛い色づき。
ヒメリンゴ盆栽

真っ赤になるのが楽しみです。
ミニチュアといえば、今年こそは真っ赤なヒメリンゴ盆栽の下にミニチュア人間たちを置いて、マン盆栽をやろう。

渋谷 菜々子

横浜市出身ジャズミュージシャン
中学よりアルトサックスを始め、高校入学後サックス奏者 岡淳氏に師事する。昭和音楽大学ジャズコースに入学、大学にてサックス奏者 近藤和彦氏に師事し、ジャズ演奏法やジャズ理論を学ぶ。同時期にジャズフルートを始める。
卒業後はライブ演奏活動の他、ウェブサイト「ジャズアドリブの仕方」を運営、「ジャズアドリブセミナー」や「ジャズアドリブレッスン」などを精力的に行なっている。 
現在、渋谷菜々子ジャズトリオCD「Gratitude」、著書「ジャズアドリブフレーズ集」を販売中。
2018年11月2日〜上野の小品盆栽秋雅展で購入した「ヤマモミジ」の盆栽を始める。

投稿者記事

  1. READ MORE

    #サクランボ盆栽の植え替え

    2023-09-30

  2. READ MORE

    #ヒメリンゴの実の途中経過

    2023-09-24

  3. READ MORE

    #赤石五葉松盆栽を贈ってもらいました

    2023-09-18

  4. READ MORE

    #ゴールドクレスト盆栽あれから

    2023-09-10

関連記事

  1. READ MORE

    #ケヤキの葉刈りとシンパクの芽摘み

  2. READ MORE

    #紅梅とサクランボの剪定

  3. READ MORE

    #イチョウの針金成形

  4. READ MORE

    #レンギョウ盆栽と紅梅の花見

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!