#南米の花ランタナで盆栽を作ってみました

ちょっぴり邪道な盆栽、始めました。

 

ランタナと出会う

1ヶ月前くらいから、新しい盆栽の素材に「ムクゲ」が欲しいなあと考えていました。

しかしながら、当てにしていたホームセンターにムクゲは売っておらず・・。
とぼとぼとガーデニングコーナーを一周していたところ、素敵なお花に一目惚れ。

それがこちら、ランタナです。
DSC01427-ランタナ七変化
ランタナ七変化。
ガキ使を思い出すネーミング。

ランタナ七変化は中南米原産のお花で、その名の通り、花が咲き日が経つにつれて色がどんどん変化してゆくのです。
ちなみに上のお写真はまだ蕾の状態です。

 

ランタナは低木

ランタナは意外にも常緑小低木ということで「木なら盆栽にしても良いのでは・・?」と閃きました。(調べてみると、ランタナで盆栽を作っている方、結構いらっしゃいますね)

虫もつきにくく、どんな土でも育ってくれる初心者に易しい木だそうで、頼もしい!

 

早速、盆栽鉢へ植え込み!

植え替え時期も5〜9月と長いので、購入した次の日に安心して植え込みました。

いつもの通り鉢底ネットを用意して・・。
DSC01433-鉢底ネット
根留めのワイヤーは要らなそうだったので、これだけを準備しました。

鉢にセット。
DSC01434-鉢だけ

購入したランタナは5〜6株入っていたので、3つに減らして植え込みました。
それにしても盆栽の素材として考えると、327円(税込み)って激安ですね。

2021年5月20日 植え込み完了。
DSC01445-植え替え後たて

鉢に植えて苔を付けてやると、なんだかそれなりに見えます。
邪道も良いもんだ。

DSC01461-植え替え後ななめうえ
リン酸分の多い置き肥をするように、とのことだったので、お花用の肥料を置きました。

 

お花が春から秋まで咲き続ける、最高な木

購入した次の日にもうお花が2つ咲いて、お得な気持ち。
DSC01470-花うえから

ホームセンターで見た「満開のランタナ」は、提灯のような、七夕や雛祭りの飾りのような、どこか和風で懐かしい姿でした。
ちなみにお花は5月〜10月まで咲き続けるそうで、長い期間楽しめるのが嬉しいです。

蕾の1つ1つがお餅みたいな形。
変わってるなあ。

DSC01471-花アップ

蕾の下に、次の蕾がスタンバっています。
下の方のわき芽もすごいです、生命力。

DSC01487-蕾


購入してから1週間経たないうちに次々と花が咲き、これを書いている今、ランタナは「紫陽花」のような見た目になってきました。
紫陽花と並べて撮ったお写真もあるので、続きはまた次回、紹介させてください。

渋谷 菜々子

横浜市出身ジャズミュージシャン
中学よりアルトサックスを始め、高校入学後サックス奏者 岡淳氏に師事する。昭和音楽大学ジャズコースに入学、大学にてサックス奏者 近藤和彦氏に師事し、ジャズ演奏法やジャズ理論を学ぶ。同時期にジャズフルートを始める。
卒業後はライブ演奏活動の他、ウェブサイト「ジャズアドリブの仕方」を運営、「ジャズアドリブセミナー」や「ジャズアドリブレッスン」などを精力的に行なっている。 
現在、渋谷菜々子ジャズトリオCD「Gratitude」、著書「ジャズアドリブフレーズ集」を販売中。
2018年11月2日〜上野の小品盆栽秋雅展で購入した「ヤマモミジ」の盆栽を始める。

投稿者記事

  1. READ MORE

    #ケヤキ盆栽の芽摘みとランタナ盆栽の実

    2021-06-19

  2. READ MORE

    #満開のランタナ盆栽

    2021-06-12

  3. READ MORE

    アジサイにそっくりなランタナ盆栽

    2021-06-05

  4. READ MORE

    #ヤマモミジのコケ移植作業とケヤキの芽摘み

    2021-05-23

関連記事

  1. READ MORE

    #ヤマモミジとクロマツの芽摘み

  2. READ MORE

    小さな庭にもちょこんと飾れる「豆盆栽」の作り方・育て方

  3. READ MORE

    ヨーロッパの盆栽事情

  4. READ MORE

    #ケヤキの葉刈りに初挑戦

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!