#ケヤキの剪定と葉刈り

ケヤキの剪定と葉刈りを行いました。

 

上の方の枝が伸びる

ケヤキ、フジみたいに長〜い枝になってました。
ケヤキ
やっぱり上の方の枝ってぐんぐん伸びてしまいますね。

フジもこんな感じでグングンと、上の方の枝が伸びています。
初夏の風に煽られて倒れやすくなるくらい、長いです。

 

ケヤキの剪定作業

今回はまず、枝の剪定から行います。

2つ葉を残して、剪定してゆきます。
ケヤキ
切り詰める箇所が地味に多く、暑いのにケヤキも大変だったろうなと思いました。

かなり葉が密集していて、通気性が悪そう。
ケヤキ
本格的に暑くなる前に、細かく剪定+葉刈りをしてあげたいなと思いました。
と言っても、剪定と葉刈りができるのは今月6月中なのですね。
ということは、これで一旦、今期の作業は終わりかもなあ。

剪定中に、タンポポの綿毛を発見。
ケヤキ
植物の生殖能力すごい。
確実にこういったギザギザの葉っぱなどに、種子を絡めてきますもんね。
生き残ろうという意志を感じます。

先日テレビで見たのですが、今は日本のタンポポを路上で見かけることはほとんどなく、アスファルトに咲いているお馴染みのものは、ほぼ西洋タンポポなのだとか。

と、タンポポの話をしている間に剪定は完了。
ケヤキ

 

ケヤキの葉刈り作業

ここからは葉刈りの作業です。

ケヤキの葉刈りは、ヤマモミジより楽。
ケヤキ
ケヤキの方が葉の数こそ多いですが、ヤマモミジは葉の形が特殊なので、そのぶん葉刈りに時間が掛かります。
それに比べて、ケヤキは一回ハサミを入れるだけで、1/4が簡単にカットできちゃう。

雑すぎないか心配ですが、ケヤキの葉刈りは楽で楽しいです。

こんな切り方でも良いのかな。
ケヤキ
以前は綺麗にイヌの顔の形のように切っていましたが、少し折り曲げて一直線に切るスタイルに変えました。
だってこっちのが早いんだもん。

 

葉刈り作業、完了

そうして首尾よく作業を進め、葉刈りも無事完了しました!

2023年6月19日 ケヤキ作業完了。
ケヤキ
風通し良さそうですね。
真夏に備えて、スッキリと、新たに頑張ってゆけそうです。

真上からも、爽やかです。
ケヤキ

来月7月は芽摘み作業があります。
が、大体出遅れるので、普通に剪定のようになりそうです。

渋谷 菜々子

横浜市出身ジャズミュージシャン
中学よりアルトサックスを始め、高校入学後サックス奏者 岡淳氏に師事する。昭和音楽大学ジャズコースに入学、大学にてサックス奏者 近藤和彦氏に師事し、ジャズ演奏法やジャズ理論を学ぶ。同時期にジャズフルートを始める。
卒業後はライブ演奏活動の他、ウェブサイト「ジャズアドリブの仕方」を運営、「ジャズアドリブセミナー」や「ジャズアドリブレッスン」などを精力的に行なっている。 
現在、渋谷菜々子ジャズトリオCD「Gratitude」、著書「ジャズアドリブフレーズ集」を販売中。
2018年11月2日〜上野の小品盆栽秋雅展で購入した「ヤマモミジ」の盆栽を始める。

投稿者記事

  1. READ MORE

    #サクランボ盆栽の植え替え

    2023-09-30

  2. READ MORE

    #ヒメリンゴの実の途中経過

    2023-09-24

  3. READ MORE

    #赤石五葉松盆栽を贈ってもらいました

    2023-09-18

  4. READ MORE

    #ゴールドクレスト盆栽あれから

    2023-09-10

関連記事

  1. READ MORE

    #ボケ盆栽の植え替え

  2. READ MORE

    #ボケの新しい葉と、豆盆栽

  3. READ MORE

    #南米の花ランタナで盆栽を作ってみました

  4. READ MORE

    #レンギョウ針金掛け

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!