#クロマツ盆栽のミドリ摘み

この日はヤマモミジ・ケヤキ・クロマツ・ウメの芽摘み作業を一気に行ないました。
今回はクロマツとウメの作業をレポートします。

 

クロマツ盆栽の芽摘み

前回は判断しづらく一旦保留にしておいた「新芽の芽摘み」またの名を「ミドリ摘み/ロウソク芽摘み」を行ないました。
っていうかロウソク芽摘みって、可愛い名前。

2022年5月19日 クロマツ盆栽
クロマツ
新芽が「ぐいーん」と伸びています。
たしかにロウソクっぽいかな。
余談ですが、この鉢に植え替えてからクロマツをとても気に入っています。

新芽。
クロマツ新芽
これから、ミドリの部分を1段2段残して、指で摘み取ってゆきます。
この作業には強い芽と弱い芽の勢いを平均化させる効果があるのだそうです。

摘み取る。
クロマツ芽摘み
この作業、周りの葉が手に突き刺さって、摘み取るたびに「イテテッ!」が止まりませんでした。

摘み取った芽。
クロマツ芽摘み
ハリネズミみたい。

6〜7月になったら、再び新芽を元から全て切り取って、萌芽を促すのだそう。

摘み取った後。
クロマツ芽摘み
こんな感じで短くなりました。

上の写真で見えるように、二番芽がすでに複数出ている箇所があったので、2芽残してかき取ることに。

ピンセットでは難しく、ハサミでかき取りました。
クロマツ芽かき

これで芽摘みが完了です。
クロマツ芽摘み完了

 

ウメ盆栽の剪定

2022年5月19日 ウメ盆栽
ウメ盆栽

4月30日に葉柄を残して切り取ったところから、新芽が出ていました。

SUCCESS!!
ウメ新芽
作業をすると、翌月になんらかの結果が出ていることが多く、植物ってかなりシステマチックだなあと驚いています。
当たり前っちゃ当たり前なんだけど、すごい。

なにも出てこなかった徒長枝は、剪定しました。
ウメ剪定

何箇所か剪定して、ウメ盆栽の作業は完了です。

ウメ盆栽 剪定後。
ウメ剪定後


どの盆栽も年月が経つにつれて枝葉が段々と増え、作業も段々と大変になってきました。(特にヤマモミジとケヤキ。)

ある海外ドラマでアル中の登場人物が
「俺の人生の中で、今のところ植物だけはコントロールできてるんだ。枯らしてもいない。」
みたいなセリフを言っていたのですが、
自分がどんな状況であっても、お世話していれば生きてくれて、反応を返してくれる存在、人間には必要なのだろうと思います。

渋谷 菜々子

横浜市出身ジャズミュージシャン
中学よりアルトサックスを始め、高校入学後サックス奏者 岡淳氏に師事する。昭和音楽大学ジャズコースに入学、大学にてサックス奏者 近藤和彦氏に師事し、ジャズ演奏法やジャズ理論を学ぶ。同時期にジャズフルートを始める。
卒業後はライブ演奏活動の他、ウェブサイト「ジャズアドリブの仕方」を運営、「ジャズアドリブセミナー」や「ジャズアドリブレッスン」などを精力的に行なっている。 
現在、渋谷菜々子ジャズトリオCD「Gratitude」、著書「ジャズアドリブフレーズ集」を販売中。
2018年11月2日〜上野の小品盆栽秋雅展で購入した「ヤマモミジ」の盆栽を始める。

投稿者記事

  1. READ MORE

    #ケヤキの葉刈りとシンパクの芽摘み

    2022-06-19

  2. READ MORE

    #ヤマモミジ盆栽の押し葉は綺麗

    2022-06-12

  3. READ MORE

    #ヤマモミジとケヤキの芽摘み

    2022-05-29

  4. READ MORE

    #春の剪定まつり〜その2〜

    2022-05-22

関連記事

  1. READ MORE

    #福寿草盆栽が開花しました

  2. READ MORE

    #兼進刃物の剪定鋏をいただく

  3. READ MORE

    盆栽の歴史その二「江戸時代から昭和まで」

  4. READ MORE

    #クロマツ盆栽を始めました

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!