盆栽は室内でも楽しめる?

盆栽

外で育てるイメージの強い盆栽ですが、庭に置けるスペースやベランダが狭いなどの理由により室内で栽培してみたいという人もいるのではないでしょうか?
実は室内であっても盆栽は育てられます。
しかし、外と室内では環境が大きく変わるため注意しなければいけないポイントがいくつかあります。

関連記事:室内で盆栽を育てるには?

 

・たっぷりと日光が当たる場所で育てる

室内ではどれだけ日当たりの良い場所であっても、外に比べると入ってくる日光量が足りません。
植物が元気に育つために日光はとても大切なものです。
そのため室内で育てる場合は、日光が入りやすい窓際で育てるようにしましょう。

 

・エアコンの風には要注意

夏は冷風、冬は温風で私たちにとって過ごしやすい環境にしてくれるエアコンですが、盆栽にはその風が大ダメージを与えてしまいます。
しかし、盆栽のためにエアコンを使わないわけにはいきませんよね。
その場合はなるべく外気温との差が少ないお部屋に盆栽を置くことが望ましいといえます。
そして、必ずエアコンの風が直接当たらないようにしましょう。
室内向けの盆栽でも乾燥して弱ってしまいますので要注意です。

 

・室内栽培に向いた木を選ぶ

室内栽培に向いた盆栽とは、日光量が少なくても比較的育ちやすい木のことを指します。
なるべく枯らさないように育てるためには室内栽培に向いた木を選ぶことも大切なポイントになります。

・サクラ
・フジ
・カエデ
・ヤマモミジ
・アジサイ
・ヒメシャラ

上記が室内栽培向けの木の一例です。
少ない日光量でも育ちやすいですが、可能であればときには外に出してたっぷりと日光を当ててあげることが望ましいでしょう。

 

・初心者はミニ盆栽がおすすめ

お部屋のインテリアに盆栽を置いてみたい、観葉植物などと一緒に手軽に室内で育てたいという盆栽初心者さんにはミニ盆栽がおすすめです。

ミニ盆栽とは女性の手のひらに収まるほど小さな盆栽のことです。
値段も手頃でネット通販でも購入できます。
ミニサイズですので置き場所を考える必要がなく、洋風の家でもお洒落な空間を演出してくれます。
日当たりと乾燥に注意しながらぜひインテリアとして楽しんでみてくださいね。

 

まとめ

いくつかのポイントに注意すれば盆栽は室内でも育てられます。
まずは、室内栽培向けの木を購入し日当たりの良い場所で育てましょう。
可能であればときには外に出して十分な日光を当てることも重要です。
また、栄養のある肥料を与えて栄養を補うとより良いでしょう。
こまめに様子を見ながら室内での盆栽栽培を楽しんでみてくださいね。

キグチマイ

育児に追われるフリーライター。趣味は温泉。

投稿者記事

  1. READ MORE

    盆栽鉢 京焼・清水焼の窯元 陶葊について

    2021-07-22

  2. READ MORE

    どんな木でも盆栽にできるのか?盆栽に適した樹木とそうでない樹木について

    2021-07-15

  3. READ MORE

    夏に花開くサルスベリ盆栽の魅力

    2021-07-07

  4. READ MORE

    盆栽の植え替え失敗を回避する方法

    2021-06-23

関連記事

  1. READ MORE

    「雨が降ったらどうしよう!」盆栽における雨季のお手入れと注意事項

  2. READ MORE

    盆栽鉢 京焼・清水焼の窯元 陶葊について

  3. READ MORE

    盆栽の植え替え失敗を回避する方法

  4. READ MORE

    盆栽肥料の種類と選び方3つのポイント

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!