盆栽に興味ある→「大宮盆栽美術館」がオススメ◎!!

日本の伝統文化である「盆栽」。

平安時代から鎌倉時代あたりに中国から渡来し、それ以来日本の文化として長年に渡り多くの人々に親しまれてきました。

近頃、盆栽が「BONSAI」として海外から注目を集めていることをご存知でしょうか?

アニメや漫画などのクール・ジャパンだけでなく、伝統的な文化もまだまだ根強い人気を誇っていて、

イタリアはヨーロッパの中でも盆栽愛好家の数が多く、最も盆栽文化が普及しレベルの高い国になったと言われています。

また、イタリアのみならずイギリスやドイツ、フランス、アメリカなどでも盆栽の人気は高く、多くの人々が世界中で盆栽に関する情報交換を行っているようです。

盆栽という芸術作品から日本の精神を学べることも、海外での人気が高まった一つの要因だとか。

日本では盆栽というと”年配の方のもの”というイメージがありますが、海外では”若者の趣味”として親しまれているんですね。ところで、みなさんは「世界盆栽大会」と呼ばれるイベントをご存知でしょうか。

これは、「盆栽」を通じて世界の盆栽愛好家が集い、盆栽文化の普及と技術の向上、国境を越えた親善交流を目的として、四年に一度開催されている国際イベントなのです。

盆栽のオリンピックのようなこの大会は、2017年に埼玉市で開催されましたが

その時に誕生したのが大宮盆栽美術館です。

盆栽についての情報をギュッと詰め込んである美術館なので興味のある方は必見です!

 

盆栽庭園

盆栽庭園には常に40~50点の盆栽を展示しています。盆栽を360度すべての方向から見られる場所もありますので、盆栽の正面と背面の違いもご覧いただけます。ひときわ目立つ当館最大の盆栽、五葉松「千代の松」は、日のあたり方を調節するため回転式展示台に飾られています。

 

コレクションギャラリー

コレクションギャラリーは、プロローグ、ギャラリー、座敷飾りという、3つの空間から構成されています。

プロローグでは、盆栽文化への導入部として、盆栽と深く関わりのある盆器、水石、絵画資料、そして歴史・民俗資料といった作品等を月替わりで展示しています。続くギャラリーと座敷飾りが盆栽の展示空間となり、ギャラリーでは5席、座敷飾りでは3席の盆栽を季節に合わせ、週替わりでご紹介しています。

 

企画展示室

盆栽に関する歴史展や美術展などを開催しています。

 

大宮盆栽美術館

所在地:〒331-0804 埼玉県さいたま市北区土呂町2-24-3

電話番号:048-780-2091

HP:http://www.bonsai-art-museum.jp/

 

関連記事

  1. READ MORE

    なんと今度は盆栽がカプセルトイになっちゃいました!それがこの「ガチャ盆」です。

  2. READ MORE

    女性におすすめの『景色盆栽』とは?

  3. READ MORE

    マン盆栽とは??

  4. READ MORE

    盆栽の里 『高松市』

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!