誰でも高級盆栽のオーナーになれる!支援型のNFTプロジェクトが高松市で始動開始

盆栽生産者のマーケティング支援を行う香川県高松市にある盆栽エージェンシーが、棚や畑の盆栽から収益を産み出し盆栽産業を持続可能にするため、ブロックチェーン証明付き高級盆栽のオーナーになれるNFTプロジェクト「THE BONSAI」を開始した。
2022年9月22日(木)より、公式Twitterで年内に販売予定のNFTの情報や生産者や産地の様子を発信。
プロジェクトには高松市鬼無町で100年以上続く老舗盆栽園・北谷養盛園の参加が決定している。
高松市内、他の盆栽園にも参加を呼びかけていく。

「THE BONSAI」公式Twitter:@THEBONSAI_nft
https://twitter.com/THEBONSAI_nft

背景

盆栽は今や海外でも人気のあるクールジャパンを代表するコンテンツの一つです。
ただし、足元をみると国内市場の縮小、愛好家や生産者の高齢化など課題が山積みです。
とりわけ、松盆栽の産地で有名な高松でも後継者不足も含め大きな課題を突きつけられています。
このまま盆栽の生産が終わってしまうのではないか、そう心配する声すらあります。
そこで、権利証明にも使うことができるNFTを使い、盆栽の所有の概念そのものを変えることを考えました。
つくって売るだけでなく、棚や畑の盆栽からも収益を得るという考えです。
NFTの販売収益がベーシックインカムのようになれば、収益の多角化と生産の効率化がはかれるはず。
一方、NFTホルダーは難しい盆栽の管理から解放されたうえで、高級盆栽のオーナーという非日常体験を得ながらスマートに盆栽産業を支援できます。

 

たまに自分の盆栽を観に行く贅沢な時間。普段はデジタルで楽しむ

NFTホルダーと生産者の関係

「THE BONSAI」は本物の高級盆栽のオーナーになれるNFTです。
管理はそのままプロに任せるので、だれでも安心して盆栽のオーナーになれます。
実は、昔から盆栽界には自分の盆栽を生産者に預けたままにする「あずけ盆栽」という楽しみ方がありました。
「THE BONSAI」は、この贅沢な大人の遊びをNFTを使いデジタル化。
年に数回、自分の盆栽を見に行く旅は贅沢な時間になるはずです。
普段はSNSやDiscord(コミュニティ)で自分の盆栽に触れることができます。

 

*「THE BONSAI」は「かがわビジネスモデル・チャレンジコンペ2021」優秀賞を受賞しました。(ビジネス香川記事 2022.03.01)
https://www.bk-web.jp/post.php?id=2518

一人で所有できるタイプから開始。
ニーズを踏まえ、複数人で所有するタイプも用意。

■一人で所有
1本の盆栽を一人で所有するタイプ。基本は1年、2年などの所有期間を設けます。
NFTホルダーにはTwitterのヘッダー画像等にも使える特別なNFTをプレゼント予定。
また期間内であれば転売も可能です。

  • 価格:0.5ETH〜(1年間)※価格は変更の可能性があります
  • 対象盆栽:成長が期待できる黒松、五葉松、赤松など(高級盆栽)

■複数人で所有
1本の盆栽を複数人で所有するタイプ。盆栽園の看板木と言える超高級盆栽のオーナーになれます。
転売も可能。
生産者がさらに盆栽を良くして展覧会に出品するなどの目的を設定したクラウドファンディングにも近い。
実際はユーザーの声を聴きながら柔軟にサービスを設計していく予定。
盆栽の価値が高まれば、NFTの2次流通での取引増も期待できます。

  • 価格:未定
  • 発行数:未定
  • 対象盆栽:盆栽園の看板木といえる黒松、五葉松など(超高級盆栽)

 

すべての盆栽にはNFT(デジタル証明書)が付く

「THE BONSAI」に登場するすべての本物の盆栽にはNFTが発行され、作品に関わるさまざまな情報が記録されます。
アート作品の真正性の担保を目的にスタートバーン株式会社が開発した「Startrail PORT」のNFCタグを利用し、本物の盆栽とNFTを紐付けます。
web環境があれば誰でもNFTに記録されている情報を閲覧することができます。

本物の盆栽とNFTの関係

 

今後の展望 ―NFTで盆栽の所有を変える―

「盆栽を持続可能な産業にする。」必要なのは作って売るだけのフロー型ビジネスから新たな価値を創造するストック型ビジネスへの転換です。
棚や畑にある盆栽から収益を生むことで経営が安定し、より選択と集中が可能になり生産効率は高まります。
一方で新たな盆栽ファンの獲得も急務です。盆栽が現在の住環境に合わないのは明白なうえ、管理面のハードルの高さが参入障壁になっています。
これらの課題に対し「THE BONSAI」は解決策になり得ることでしょう。
これまでの常識にとらわれず 、新たな価値作りにチャレンジしてゆきます。

高松市にある盆栽畑

盆栽エージェンシーについて

  • 所在地:香川県高松市
  • 事業主:玉井謙二
  • 事業内容:盆栽生産者のマーケティング支援
  • 設立:2022年4月

北谷養盛園について

初代が瀬戸内の島々から「山採り」した樹齢100年以上と推定される貴重な黒松が400~500本ある。
現在の園主は4代目、100年以上盆栽の技が受け継がれている老舗盆栽園。

北谷養盛園


引用元:PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000108187.html


 

盆栽なび編集部

プレスリリースなどのニュース記事をピックアップしてお伝え致します。

投稿者記事

  1. READ MORE

    【ふるさと納税】寄付額100万円の盆栽の返礼品の申込みを「兵庫県加西市」が受付開始!樹齢80年の五葉松をはじめとした全8種の一点モノは必見

    2022-11-25

  2. READ MORE

    展示会「Connect with Greenー緑と時間と。」渋谷にて開催!2022年11月28日〜12月11日

    2022-11-16

  3. READ MORE

    真柏はなぜ糸魚川地域のものがよいのか?

    2022-11-10

  4. READ MORE

    盆栽師・平尾成志氏の作品も展示「生命の宿る金魚アート」をアートアクアリウム美術館 GINZAで堪能

    2022-11-02

関連記事

  1. READ MORE

    【庭園プロデュース】栽培キット”苔盆”がヴィレッジヴァンガード通販に新登場!

  2. READ MORE

    SNS映えで話題!「らくらくメンテで長く楽しむ苔テラリウム」でオシャレな作例や管理方法を多数掲載!

  3. READ MORE

    密かなブーム?かわいいミニ盆栽♪

  4. READ MORE

    SNSで話題のドライフラワーカフェ「HANARIDA」が日本文化を体現する盆栽作家・濵本祐介&書家・香寶とコラボ

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!